2010年03月01日

天川村(7)

100222_0956~01.jpg

咲いている花は、もちろん美しい。堅い蕾も開きかけた花も、それはそれで美しい。散り行く花びらも枯れてゆく花も、本当は、とても美しい。

posted by むろみん at 15:46 | flowers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月26日

天川村(6)

100222_0957~01.jpg

山里には、山里の花があり

posted by むろみん at 19:50 | flowers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天川村(5)

100220_1443~01.jpg

初めてなのに「ただいま」と言いたくなるような景色と出会った。

posted by むろみん at 19:42 | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天川村(4)

100221_1532~01.jpg

小さな陽だまりの中に、生まれたばかりの春を見つけた。

posted by むろみん at 19:37 | flowers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天川村(3)

100221_1025~01.jpg

川の名前は、「天の川(てんのかわ)」と言う。龍神が棲むと言うその川の色は、きっと何千年も昔から変わらない。秘められた宝石のように蒼く透き通っている。

posted by むろみん at 19:30 | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天川村(2)

100221_1011~01.jpg

道端で見つけたフキノトウ。

posted by むろみん at 19:15 | flowers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天川村(1)

100220_1546~01.jpg

都会の喧騒から逃れて、春まだ浅い山里を訪れた。小さな宿で「おやつに」と出された干し芋は、懐かしく、温かく、ほんのりと甘かった。

posted by むろみん at 19:06 | sweets | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月25日

いちご

100213_1944~01.jpg

見ているだけで、甘酸っぱさが口の中いっぱいに広がってくるような苺。艶々としてあまりにも綺麗だったので、思わず写真を撮ってみた。

posted by むろみん at 19:41 | fruit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月02日

門出のとき

091123_0958~01.jpg

昨日の雨が嘘のように、夜が明けたら青空が広がっていた。さよなら、また逢う日まで。

posted by むろみん at 16:39 | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山帰来

091122_1227~01.jpg

子供のころに、雑木林を通り抜ける道で、よく見かけた「さるとりいばら」。最近は、めっきり見かけなくなった。「さんきら」と呼んでいたそれは、漢字で書くと「山帰来(さんきらい)」らしい。久しぶりに見ると、赤い実もツヤツヤした葉っぱも、とっても美しく思える。

ふと思う。棘のある花は、なぜか人を魅了する。すぐ近くにあって、けれど、手を触れるのがはばかられる。その「もどかしさ」が心を掻き立てるのかも知れない。

posted by むろみん at 16:03 | flowers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。