2012年05月26日

自分で決めると言うこと

SN3V0133.jpg

ここに留まっても、どこかに向かって歩き始めても、
どちらにしろ、完全に安全な選択肢なんてありえない。

右の道を選んでも、左の道を選んでも、
どちらにしろ、誰かに非難されるのだ。

誰かの期待に添うように、どんなに頑張ってみたところで、
その誰かが「結果」を引き受けてくれるわけじゃない。
結局のところ、自分の人生の結果を背負うのは、自分しかいない。

だから、自分の行く先は、自分で決めよう。
そこに辿り着けるかどうかなんて、本当は問題じゃない。
自分で決めることが大切なのだ。

そう言葉で言うのは簡単だけど、ぼくにとっては、とても難しい。
今まであまりにも長い間押し殺してきたから、
慣れなくて戸惑ってばかりいる。

正直なところ、希望より不安の方が、
楽しみよりは苦しみの方がずっとずっと大きいけれど、
これから少しづつ少しづつ練習して慣れて行くしかない。
posted by むろみん at 13:14 | flowers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今年もバラが咲いた

SN3V0150.jpg

今年もバラが咲いた。
去年とは違う花を、去年とは違う自分が見ている。

来年もたぶん花は咲くのだろう。
来年の自分は、一体どこにいて、何を思っているのだろう?

ぼくは、また、ここでバラを見ることがあるのだろうか?
すべては一瞬一瞬に移ろい、明日のことは分からない。
posted by むろみん at 12:34 | flowers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月24日

喪失、そして再生

SN3V01210001.jpg

もう十分に苦しんだと思う。
いつだって誰かの期待に添うために
自分の心を犠牲にし、夢も希望も諦めて、
生命を削るような毎日を過ごしてきたけれど、
良いことなんて何もなかった。

だから、古いしがらみを捨てて旅立とう。
今日からは誰のためでもなく、自分のために生きよう。
posted by むろみん at 21:19 | flowers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。